読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

s13使用構築最高・最終2005

S13 ポケモン

初記事

実数地はメガ進化後

 

ガルーラガルーラナイト いじっぱり

203(180)/177(252)/120/×/120/130(76)

グロウパンチ/ふいうち/すてみタックル/ほのおのパンチ

 

使ってる人をほとんどみることがなかった203ガルーラガルーラ対面とガブリアス対面除けば活躍してくれた。

 

ガブリアスきあいのタスキ ようき

183/182(252)/116(4)/×/105/169(252)

つるぎのまい/がんせきふうじ/げきりん/じしん

 

ふつうのガブリアス。行動をこだわるのが苦手なので、汎用性がありストッパーになれるきあいのタスキ。いじっぱりだと多くのポケモンに抜かれるのでようき。

 

ボルトロス@いのちのたま おくびょう

155(4)/110/83/177(252)/100/179(252)

でんじは/10まんボルト/めざめるパワー(氷)/くさむすび

 

HDどくどくボルトロスに殺されるボルトロス。鉢巻ガブリアスが増えたお蔭で確殺できることが多かった。相手の選出にじめんタイプはほぼいるのでマンムーカバルドン意識のくさむすび

 しかし、カバルドンに関してはHDやくさむすびがあることを前提に立ち回ってくるのでくさむすびを打たせてくれない。ガルーラマンムーに有効であるきあいだまでもいいかもしれない。

妥協個体。

スイクン@ゴツゴツメット ずぶとい

207(252)/73/181(236)/106/135/108(20)

ねっとう/れいとうビーム/ほえる/どくどく(ミラーコート

ひみふいガルーラの増加で対面から負けるのがBad。sを上げたのはHBぶっぱのスイクン意識。

妥協個体。

バシャーモ@ラムのみ いじっぱり

155/189(252)/90/×/91(4)/132(252)

まもる/フレアドライブ/とびひざげり/いわなだれ

タスキバシャーモが多い中変わらずラムのみを使い続けた。いわなだれは反動ダメ―ジをくらいたくない時やアローの交換を許さない技。

 

ゲンガー@ゲンガナイト おくびょう

159(188)/76/115(116)/191(4)/116(4)/192(196)

さいみんじゅつ/たたりめ/ヘドロばくだん/みちづれ

おにびを入れたいと多々思ったがさいみんじゅつに助けられた部分が多かったので技構成がこうなった。ゲンガー対面はヤバい。

ある方の調整を丸パクリ。

 

s13はガルクレセ、ガルクレセサザンを多く見かけた。ガルクレセサザンに関しては、バシャーモ、ゲンガー、スイクンで交換を読めば潰すことができた。

この厨パと呼ばれる構築も多く見かけた。正直ありきたりでブログに残しても意味がないきがするが一応残す。

最高・最終2005

 

 

 

妥協個体なのは当時の「理想も妥協もあまり変わらないだろ」という甘い考えのせいです。